ベストなグリップのMTBバイクタイヤ:テラインに合わせてどう選ぶか


MTB bike tyres with the best grip: which ones to choose and for which terrains

ベストなグリップのMTBバイクタイヤ:テラインに合わせてどう選ぶか

Barzo08

タイヤのチョイスはMTBのビギナーやエキスパートにとって最も悩ましい事の1つです。タイヤはバイクと地面に接する唯一のポイントなので、バイクのセットアップの中でも非常に重要な要素です。ベストなパフォーマンスのサスペンションを持つベストなバイクを持っているとしても、品質の低いタイヤを使ったり、路面コンディションやテラインに合っていないタイヤを使用すると、バイク全体のパフォーマンスは中途半端なものになってしまいます。

タイヤが重要だということは分かりますが、良いMTBタイヤというのはどんなものでしょうか? 転がり抵抗が低いタイヤ? トラクションが良いタイヤ? それは難しい質問で、答えは1つだけではありません。それはあなたが何を探しているかによります。グリップ力のあるMTBバイクタイヤ? マッド用タイヤ? 路面のコントロールができるタイヤ?

どんなコンディションでも全てをパーフェクトにこなせる奇跡の様なタイヤはありません。それぞれのテラインには特定のトレッド、コンパウンド、カーカスが必要です。そこで、どのように正しいタイヤを選びますか?

ハードパック用のMTBタイヤ

典型的なコンディションとして夏のテラインから始めましょう:引き締まった、ドライで埃っぽい路面です。

ドライで引き締まったテラインの場合、路面で十分グリップが効くので、アグレッシブでノブの大きなタイヤは必要ありません。一般的に、アスファルトドライなテライン用のMTBタイヤはトレッドが低く転がり抵抗の低い、速いタイヤを選びます。深いトレッド(ノブが大きい)は意味がなく、転がり効率の妨げとなります。背の高いノブ、特にソフトなコンパウンドはハードパックにおいて曲がりやすく、路面を掴むことができません。その為転がり抵抗が高くなり、特にタイトなコーナーでトラクションが効かなくなってしまいます。

理想的なタイヤ:ノブが低くく、十分にスペースを空けた、できれば斜めにブロックを配置したタイヤ。転がり抵抗を改善しエネルギー消費を抑えたいのであれば、幅の狭いMTBバイクタイヤを使用する方が賢明です。

vittoria_mezcal_04_1

 

ハードテラインの上層がルーズな場合のMTBタイヤ

ドライコンディションにおいて、ハードで岩のあるテラインでは表面に滑りやすい層がありがちです。マウンテンのトレイルでは典型的なもので、このタイプのテラインは非常に複雑で把握するのが難しいです。最初にトラクションが良いと感じても、スピードを上げたり、ターンした途端にバイクが突然スリップしたりします。

このタイプのテラインでは、高さのあるノブが重要になります。特にサイドノブは小石の層を抜けてその下のハードな路面を掴むために重要です。このようなコンディションに挑戦する時のMTBバイクタイヤに重要な他の特徴は、センターとサイドノブの間の深い溝です。サイドノブは必須で、非常に深いものでないといけません。良いサイドノブはグリップがあまり効かない所でもトラクションを発揮させ、岩のあるテラインでもタイヤをしっかりと掴ませます。

理想的なタイヤ:ミディアムサイズで、ノブがスペースを十分空けて配置され、良いサイドノブがあるタイヤ

Syerra05-_22_1

 

ソフトなテライン用のMTBタイヤ

できたばかりのシングルトラックや雨天後の森林地帯に典型的な、ソフトなテラインは最もライドが楽しい場所です。グリップのロスもあまり起きないので、ライディング状況が予測しやすくなります。ノブが路面に噛み込みやすく、最適なグリップとなります。

ソフトなテラインには、簡単に泥を取り除くため深くて広くスペースを空けたサイドノブのあるトレッドパターンが必須となります。ノブの間のスペースによって泥が詰まるのを防ぎ、タイヤのグリップに悪い影響を与えないようにします。

理想的なタイヤ:深い溝のある、広くスペースを空けたノブのあるタイヤ

Barzo08_1

 

マッド用のMTBタイヤ

本当のマウンテン・バイカーは泥を好みます。雨の直後のライディングもまた楽しいです。泥の上で最も重要なことはバイクの上に乗り続けられることです;その為、転がり抵抗は重要ではありません。マウンテンバイク用のマッドタイヤには非常に高く、広くスペースを空けたノブが必要で、幅が広すぎないことも重要です。目標はソフトな一番上のレイヤーに入り込んでその下の堅い路面を掴むことです。これはアップヒルでもダウンヒルでも重要な点です。

理想的なタイヤ:非常に高く、広くスペースを空けたブロック。ソフトな表面のレイヤーに入り込んでその下の堅いレイヤーに届くための幅の狭いタイヤ。

vit-mota