ヴィットリアは自転車業界で
No.1のグラフェンユーザーです

毎年何トンものグラフェンがヴィットリアタイヤとホイールに使用されています。グラフェンはラバー分子同士の隙間を埋めることでラバーと相互に作用します。磁石の様にラバー分子を互いに引き付けることでラバーの構造全体を強化します。可能性を更に押し上げる為、ヴィットリアは新世代のグラフェンコンパウンドの開発に成功しました:グラフェン2.0です。

グラフェン2.0 (G 2.0)はヴィットリアが建設したグラフェンコンパウンド施設で開発され、タイヤの特定のパフォーマンスを強化すべく機能します。言い換えると、第1世代のグラフェンコンパウンドはそれぞれの性能を均等に改善しましたが、グラフェン2.0は特定のパフォーマンスをピンポイントで向上させることに成功しました。ヴィットリアは特にスピード、ウェット時のグリップ、耐久性と耐パンク性能のパフォーマンスを押し上げるべくグラフェンを使っています。

グラフェン2.0は新製品に大きな変化をもたらしており、ライダーはその違いを実感することができるでしょう。特定のパフォーマンスを特に強化させています。そしてグラフェン2.0とラバーが科学的に結合することで、他のキーとなる特性にマイナスな影響を与えることなく、素晴らしいレベルアップが実現できました。

グラフェン2.0
ベストなアップグレード

タイヤのタイプや必要とされる機能によって、グラフェン2.0はピンポイントでパフォーマンスを強化します。MTBの場合、グラフェン2.0は全ての製品ラインでウェット時のグリップ力を著しく改善しています。ロードタイヤの場合、グラフェン2.0はCorsa、Pista、Triathlon製品ラインの転がり抵抗と耐摩耗性能を、Rubinoではウェット時のグリップ力と製品寿命を、Zaffiroでは耐パンク性能を目覚ましく改善しています。

1 2