Vittoria Japan

STAY TUNED “Rubino Pro ジロ・デ・イタリア リミテッドエディション”



開幕が迫るジロ・デ・イタリア(5月4日~26日)、そしてジロの開催とヴィットリア60周年を記念して限定発売される「ルビノプロ・ジロデイタリア・リミテッドエディション」。

オールラウンドモデルのルビノプロをベースに、ジロのイメージカラーでもあるピンクを大胆に配した限定モデル。発売までプロモーションムービーをお楽しみください・・・Stay tuned.

 

YouTube Preview Image

 

日本での発売はジロ開催期間中の5月中旬、限定500セット(2本1組)で発売いたします。

・RUBINO PRO Giro d’ Italia 2013 Edition
・カラー:ピンク
・サイズ:700x23c (2本1組)
・希望小売価格:7,980(税込)

 

 

  • 2013年04月24日 (水) 18:17
  • media

CYCLE SPORTS 6月号(2/2)



サイクルスポーツ6月号、「トライ&ジャッジ」のコーナーに2013年コルサファミリーのニューモデル「オープンコルサSL」と「オープンコルサSR」が掲載されました。

 

定番の23c幅コルサCXと比較すると「コルサSL/オープンコルサSL」は22c幅のやや細めのスリックパターンを採用する。サーキットレースなどドライ&スムーズな路面でコルサCX以上の軽い転がりを得ながら、320TPIの非常にしなやかなケーシングによってタイヤ本体の細さを感じない乗り心地を実現。「コルサSR/オープンコルサSR」は24c幅の太めの設定でエアボリュームを獲得。「PRO SERIES」に属することからコルサCXの走りの基本を失うことなく、接地面の広さから優れた乗り心地と路面追従性を確保。そして特徴のあるトレッドパターンはウェット・レインコンディションにおいても安定感あるグリップ力を実現。荒れた路面や長距離ライドなどに向いたモデル。


                      
                   コルサSL / オープンコルサSL                             コルサSR / オープンコルサSR

製品情報:
CORSA SL / OPEN CORSA SL
CORSA SR / OPEN CORSA SR

  • 2013年04月24日 (水) 15:30
  • media

CYCLE SPORTS 6月号(1/2)



サイクルスポーツ6月号、「チューブラータイヤ入門」のコーナーで、クリンチャー「オープンコルサCX」とチューブラー「コルサCX」の走りの違い、そしてトレーニング用チューブラー「ラリー」と決戦用チューブラー「コルサCX」のグレードによる性能の違いを色々な角度から比較されています。

チューブラーがクリンチャーより優れる点や、グレードの違いがどの様に性能に表れるかなどが詳しく掲載されています。また、チューブラーの正しい装着方法もレクチャー。チューブラーの事が詳しく分る内容となっています。

       

特にチューブラーの装着方法は正しい知識を身につける様にしたいですね。

 

関連:
サイクルスポーツ.jp


     

Jプロツアー第3戦 JBCF白浜クリテリウム



4月21日、前日タイムトライアルの行われた和歌山・南紀白浜空港跡のコースで、Jプロツアー第3戦のクリテリウムが開催されました。ここまで2戦2勝と勢いに乗るTeam UKYOでしたが、 マリウス・ヴィズィアック選手(マトリックスパワータグ)が最終ロングスプリントで優勝。それでもTeam UKYO勢は2位にホセ・ビセンテ選手、3位に大久保陣選手が入り、表彰台を飾りました。


photo:Hideaki TAKAGI

       
photo:Hideaki TAKAGI                                              photo:Hideaki TAKAGI

 

結果
P1 40km
1位 マリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)1時間03分54秒
2位 ホセ・ビセンテ(チーム右京)
3位 大久保陣(チーム右京)
4位 藤岡克磨(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)
5位 辻善光(湘南ベルマーレ)
6位 井上人志(シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム)
7位 小室雅成(イナーメ信濃山形)
8位 小坂光(那須ブラーゼン)
9位 浜頭恭(シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム)
10位 窪木一茂(マトリックスパワータグ)

 

レースの詳細はこちら
Jプロツアー第3戦JBCF白浜クリテリウム2013(シクロワイアード) 

 

 

Jプロツアー第2戦 JBCFタイムトライアル南紀白浜



4月20日、和歌山・南紀白浜空港跡で開催されたJプロツアー第2戦、チームタイムトライアル。空港跡の滑走路を利用する一周2.5kmを6周の15kmで競われました。

 


photo:Hideaki TAKAGI

     
photo:Hideaki TAKAGI                                              photo:Hideaki TAKAGI

終始吹き付ける風の中、新しいTeam UKYOのメンバー土井雪広選手、阿部嵩之選手、ホセ・ビセンテ選手の3名がハイペースを維持、見事優勝しました。

また、途中から雨の降るウェットコンディション。低い転がり抵抗とウエットコンディション下でのグリップ力を両立した新開発ISOgripコンパウンド を採用した コルサCXの性能が発揮されたレースでもあったでしょう。

結果
P1 15km
1位 チーム右京 19分55秒55
2位 マトリックスパワータグ +19秒
3位 宇都宮ブリッツェン +25秒
4位 イナーメ信濃山形 +48秒
5位 キャノンデール・チャンピオンシステム +58秒
6位    JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス +1分04秒
7位 なるしまフレンドレーシングチーム +1分23秒
8位 エスペランススタージュ・ウェイブワン山口 +1分26秒
9位 湘南ベルマーレ +1分38秒
10位 インタープロ・シクリズム +1分38秒

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(チーム右京)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

 

レースの詳細はこちら
Jプロツアー第2戦JBCFタイムトライアル南紀白浜2013(シクロワイアード)

 

 

 

ジロまで3週間…


3大グランツールの初戦を飾る「ジロ・デ・イタリア」が今年は5月4日~26日までの日程で開催されます。ワールドツアープロチーム19チームとプロコンチネンタル4チームの計23チームが参加します。その23チーム中、6チームにヴィットリアはタイヤをサポートしています。

UCI Pro Team
・Argos SHIMANO
・Blanco Pro Cycling Team
・Euskaltel-Euskadi
・Movistar

UCI Pro Continental
・Bardiani Valvole – CSF Inox
・COLOMBIA PRO CYCLING TEAM

 

そしてヴィットリアはジロ・デ・イタリアのオフィシャルスポンサーとして、Servizio Corseチーム(ニュートラルサービス)を提供します。

       

 

Jプロツアー第1戦 伊吹山ドライブウェイヒルクライム


4月14日(日)、Jプロツアー第1戦の舞台となった伊吹山ドライブウェイヒルクライム。ヴィットリアジャパンがタイヤサポートを行うTeam UKYO、ホセビセント・トリビオ選手が2位に2分39秒差をつけて圧勝しました。ホセビセント・トリビオ選手は先日新たにTeam UKYOに登録された、昨年までプロコンチネンタルチームのアンダルシアに所属していたプロ4年目のスペイン出身27歳。


使用するタイヤは新しいコンパウンドを採用したCORSA CX!             photo:Hideaki TAKAGI

 

今シーズンから加入した土井雪広選手は3位、チームリーダー狩野智也選手も4位入賞、阿部嵩之選手10位と、10位以内に4人が入る良いシーズンスタートとなりました。

Team UKYOが今年使用するタイヤはCORSA CX。新開発ISO Gripコンパウンドを採用しグリップ力を強化しながら今までの低い転がり抵抗は維持。耐パンク性能も備えるヒルクライム使用率も非常に高いチューブラータイヤです。

       
photo:Hideaki TAKAGI                                               photo:Hideaki TAKAGI

       
photo:Hideaki TAKAGI                                              photo:Hideaki TAKAGI

 

結果
P1 15km
1位 ホセビセント・トリビオ(チーム右京)40分01秒
2位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)+2分39秒
3位 土井雪広(チーム右京)+2分43秒
4位 狩野智也(チーム右京)+2分48秒
5位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)+3分07秒
6位 山本和弘(キャノンデール・チャンピオンシステム)+3分11秒
7位 伊藤雅和(愛三デベロップメントチームU-26)+3分21秒
8位 永良大誠(マトリックスパワータグ)+3分35秒
9位 高岡亮寛(イナーメ信濃山形)+3分40秒
10位 阿部嵩之(チーム右京)+3分50秒

関連記事:
スペインから来たホセビセント・トリビオが異次元の走りでJPT開幕戦圧勝(シクロワイアード)

リンク:
Team UKYOオフィシャルサイト

ヴィットリアジャパン・サポートライダー

製品情報:
Corsa CX

Rubino Pro ジロ・デ・イタリア


 

ヴィットリアの定番クリンチャータイヤ「ルビノプロ」にジロ・デ・イタリア開催と、ヴィットリア60周年を記念して限定パッケージバージョンが発売されます。
限定モデルはジロ・デ・イタリアのイメージカラーであるピンクを採用します。

 

                                         

発売は4月下旬〜5月初旬、ジロ・デ・イタリアの開催に合わせて発売予定。
国内500セット(2本1組)の限定発売となります。

・RUBINO PRO Giro d’ Italia 2013 Edition
・サイズ:700x23c
・重量:225g
・TPI:150
・2本セット限定パッケージ
・希望小売価格:7,980円(税込)

・製品情報:
 Rubino Pro

・リンク:
 ヴィットリア RUBINO PRO ジロ・スペシャルエディション マリアローザカラーのロードタイヤ
 (シクロワイアード)

 

Vittoria Japan公式フェイスブックページを公開しました!


 

ヴィットリアジャパン公式Facebookページを公開いたしました。
これからはヴィットリアに関する色々な情報を発信したいと思っております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

そして今回、Facebookページ公開を記念してオリジナルキャップが当たるキャンペーンを開催しています!
是非Vittoria Japan公式Facebookページに「いいね!」をしてキャップをゲットしよう!

 

リンク:
Vittoria Japan公式Facebookページ

 

 

 

 

このページのトップへ