Vittoria Japan

全日本選手権ロードレース・エリート、Vittoriaがサポートする土井雪広選手が優勝!


4月29日(日)、岩手県八幡平市で開催された全日本選手権ロードレース2日目、エリート男子は国内レースとしては長距離となる252.8kmで開催された。7時間に迫る非常に長い闘いの結果、Vittoriaがサポートする土井雪広選手(アルゴス・シマノ)が見事ゴールスプリントを制し優勝しました。

 

スタートの号砲と共にスタートする新城幸也選手(ヨーロッパカー)を含む145名のエリート選手達。

 

252.8kmの過酷なロングコースを見事ゴールスプリントで制した土井雪広選手(アルゴス・シマノ)

(c)財団法人日本自転車競技連盟

 

表彰式の様子。

 

優勝した土井雪広選手(アルゴス・シマノ)のバイクにはVittoria CORSA EVO SCが使用されている。

 

全日本選手権ロードレース2012男子エリート 結果
1位 土井雪広(アルゴス・シマノ) 6:55:38
2位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 6:55:38
3位 清水都貴(ブリヂストンアンカー) 6:55:41
4位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン) 6:55:52
5位 西谷泰治(愛三工業レーシング) 6:55:57
6位 鈴木真理(キャノンデール・スペースゼロポイント) 6:55:57
7位 六峰 亘(ブリヂストンアンカー・エスポワール)
8位 畑中勇介(シマノレーシング)
9位 新城幸也(ヨーロッパカー)
10位 寺崎武郎(ブリヂストンアンカー・エスポワール)

 

今レースにおいて土井雪広選手が使用したタイヤは、新開発ISOグリップコンパウンドを使用したCORSA EVO SCチューブラータイヤです。

ISOグリップコンパウンド
プロ・ロードレースにおいて今後スタンダートとなりうるVittoriaの新開発コンパウンド。Servizio Corseコットンケーシングシリーズにおいて不可欠な乾燥・ウエットの両路面コンディションにおいても究極のパフォーマンス性能を発揮するコンパウンドです。

 

関連記事

●全日本ロード<男子エリート結果> (財団法人日本自転車競技連盟)

●最後の坂での3人勝負を制し、土井雪広が初の日本チャンピオンに輝く (cyclowired.jp)

 

 

このページのトップへ