ITU トライアスロン アジアカップ大阪大会【日本食研 実業団トライアスロン部】


 

 

 

 

 

7月8日(日) 大阪・舞洲スポーツアイランドで行われた「ITUトライアスロン アジアカップ大阪大会」に、ヴィットリアジャパンがサポートする「日本食研実業団トライアスロン部」の佐藤治伸選手と平松幸紘選手の2名が出場致しました。

 

結果は、佐藤治伸選手が見事2位、平松幸紘選手も肩の故障明けではありますが10位と健闘、ランキングポイントを獲得しました。


Photo:日本食研実業団トライアスロン部

 

【男子レース結果】 ※上位選手及び日本人選手

順位 氏名 記録
下村幸平(BOMA RACING/JSS深井) 1:55:46
佐藤治伸(日本食研) 1:55:57
ジェームス・クロニス(オーストラリア) 1:56:25
4 高濱邦晃(チームフォーカス/門司地産) 1:56:49
7 山本良介(トヨタ車体) 1:57:18
9 外山高広(東京ヴェルディ) 1:58:47
10 平松幸紘(日本食研) 1:58:49

 

詳細は日本食研実業団トライアスロン部レース報告をご覧ください。
レース結果:http://www.nihonshokken.co.jp/tri/result/now/20120708/index.html

 

今回、佐藤治伸選手と平松幸紘選手の両名が使用したタイヤは、CORSA EVO SC 28-23 チューブラーです。新開発ISOgripコンパウンドとしなやかな320TPIケーシングを使用したこのタイヤは、ドライはもちろん、ウェットコンディション下においても、素晴らしいグリップ力を発揮します。トライアスロンやクリテリウムの様な周回コースでのコナーに非常に効果的です。


Vittoria CORSA EVO SC 28-23 チューブラー

 

関連:

日本食研実業団トライアスロン部オフィシャルサイト
ヴィットリアジャパン・サポートライダー