全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース


6月17日(日)に秋田県大潟村で開催された「第16回全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース」、男子ジュニアの部でヴィットリア・ジャパンがサポートする西村大輝選手(昭和第一学園高)が優勝しました。また男子エリートの部でもサポートチームの”Team UKYO”所属、嶌田義明選手が6位、”シマノレーシング鈴木譲選手が7位、同じく阿部嵩之選手が9位とヴィットアがサポートする選手が上位に入りました。


西村大輝(昭和第一学園高)男子ジュニア(21km)優勝 photo: Sonoko Tanaka

 


チャンピオンジャージで表彰台に立つ西村大輝選手(昭和第一学園高)photo: Sonoko Tanaka

 

★優勝した西村大輝選手(昭和第一学園高)レースレポート★

僕は今回初めてジュニア全日本TTに出場し、優勝する事ができました。 TTバイクとホイールはクラブチームの方からお借りしました。
僕の今回の目標は優勝する事とともに大会記録を塗り替える事でした。 しかし、これまでは20キロだったコースが今年は21キロになっていました。

天 候:雨
タイム:28分44秒039
アベレージスピード:43.85キロ

強風で折り返しコースで行きが追い風で帰りが向かい風です。
アップは出走1時間半前から三本ローラーで開始しました。 15分流した後1分間のメニューで最初の40秒を85%残りの20秒もがきでインターバル2分間を5本しました。 それからは流して出走15分前に検車に行き、そのままスタートまで待機しました。
走っている時は最初の5キロを抑えて走る事と雨でスピードに影響するような水溜まりがたくさん有ったのでなるべくよけるようにして走りました。
今回のTTはアベレージスピードを45キロを出すことが目標だったのですが全く届きませんでした。 もっと独走力をつけられるように頑張りますので、これからもよろしくお願い致します。

使用タイヤ:フロント/CORSA EVO-CXⅡ  リヤ/CORSA EVO  CX- LIGHT

 

<男子エリート>


嶌田義明選手(Team UKYO)  男子エリート(42km)6位 photo: Sonoko Tanaka

 

  
鈴木譲選手(シマノレーシング)男子エリート7位  阿部嵩之選手(シマノレーシング)男子エリート9位
photo: Sonoko Tanaka               photo: Sonoko Tanaka

 

第16回全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース結果 男子エリート 42km

1位 西薗良太(ブリヂストンアンカー)53’17″227
2位 佐野淳哉(チームNIPPO)+19″11
3位 西谷泰治(愛三工業レーシング)+22″14
4位 盛一大(愛三工業レーシング)+1’19″65
5位 窪木一茂(和歌山県教育委員会)+2’46″71
6位 嶌田義明(チームUKYO)+3’04″91
7位 鈴木謙(シマノレーシング)+3’07″60
8位 奈良基(プジョーサイクルスニッポン)+3’10″85
9位 阿部嵩之(シマノレーシング)+3’34″02
10位 福島晋一(トレンガヌ)+3’40″99

男子ジュニア 21km
1位 西村大輝(昭和第一学園)28’44″039
2位 内野直也(湘南ベルマーレ)+00’46″64
3位 伊藤舜紀(ボンシャンス飯田)+00’49″94

レースの詳細はシクロワイアードをご覧ください。
リンク:cyclowired

Vittoria Japanサポートライダー