ロード世界選手権2013、ルイ・コスタ選手がアルカンシエルを獲得


 

イタリア、トスカーナ地方で開催された今年のロード世界選手権で、ヴィットリア・コットンチューブラーを使用するルイ・コスタ選手(ポルトガル)がアルカンシエルを獲得しました。またヴィットリアはこの他、2つの金メダル、4つの銀メダル、そして2つの銅メダルの計9つのメダルを獲得しました。


【金メダル】
ルイ・コスタ(エリート男子ロードレース)
マリアンヌ・フォス(エリート女子ロードレース)
マテイ・モホリッチ(U23男子ロードレース)

【銀メダル】
エマ・ヨハンソン(エリート女子ロードレース)
リンダ・ヴィルムセン(エリート女子タイムトライアル)
ラボウィミンサイクリング(エリート女子チームタイムトライアル)
ルイス・マインティーズ(U23男子ロードレース)

【銅メダル】
アレハンドロ・バルベルデ(エリート男子ロードレース)
オリカ・AIS(エリート女子チームタイムトライアル)

このトスカーナでのロード世界選手権はヴィットリアにとって素晴らしい一週間となりました。また、サポートライダーをはじめ本大会に出場した全てのチーム・選手を誇りに思います。今回の世界選手権でヴィットリアはイタリアをはじめ、日本、オーストラリア、韓国、米国、英国、ポルトガル、スロベニア、エチオピア、南アフリカ各国の競技連盟へタイヤを供給しました。