モニターレポートが届きました


Vittoria Japanでは、モニターライダーの皆さんのご協力により、実際の製品をレースや練習などで実際に使用していただき、ご意見を頂戴しています。

今回はヒルクライマーとして有名な森 正選手(宮川医療少年院デュアスロンクラブ)より、CORSA EVO CXⅡチューブラー(23mm)のモニターレポートが届きました。

 

◆モニターライダー:森 正(宮川医療少年院デュアスロンクラブ)
◆使用タイヤ:CORSA EVO CXⅡチューブラー(23mm幅)

 

【レポート1回目・練習】 
普段はレースで21mmを半年くらい新品を使用し、少しくたびれたのを練習用におろして練習用ホイールに装着して使用しているので、新品を練習で使用することはありません。最初の印象は正直なところ、フラット、直線では良い意味でも悪い意味でも21mmと違いは感じませんでした。しかし、アップダウンのある、山道に入ると特に下りのカーブでは安定感が感じられました。下りは得意な方ではないのですが、安心して下ることが出来ました。21mmと比べグリップ感が増している感がありました。後は、ヒルクライマーとしては登りの走行感ですが、特にダンシングに移行した時にダイレクトに推進力に直結すると言うかペダルに加えた力がロスなく路面に伝わっている感じがしました。普段練習時少しウェットな路面で急にダンシングで加速した時などに後輪が空転したり、空転しなくてもロスが生じている感じがありましたが、23mmはそんなストレスが軽減されるような気がします。もしレースで使用するなら後輪のみ23mm、前輪を21mmという使い方もありかなという気がします。

★次回は実践での使用レポートをお届けします。

 

◆CORSA EVO CXⅡは数々のヨーロッパ・プロ選手やユーザーから認めれらたモデル。
高密度に織られた320TPIポリコットンケーシング(Corespun320TPI)はしやなかさと弾力性に富みます。特に新たに追加された23mm幅はタイヤの変形量(※)の少なさから、転がり抵抗にも貢献 。エアーボリュームも高く耐衝撃性に優れ、ライダーに快適性をもたらします。

(※) 転がり抵抗はタイヤの変形によるエネルギー損失(ヒステリシスロス)が大きく占めます。タイヤは同重量・同空気圧で走行した場合、細いタイヤほど前後方向に、太くなるにつれ左右方向へ変形します。太いタイヤほど変形量が少なく、結果転がり抵抗が低くなります。しかし、幅が広くなるにつれ空気抵抗や重量が増すため、ヴィットリアでは転がり抵抗・乗り心地のトータルバランスを考慮し、23mm幅をCORSA EVOシリーズの標準サイズとしました。

 

★今回モニターいただいたモデル★
CORSA EVO CXⅡ(チューブラー)
サイズ:23-28”
カラー:オールブラック・レッド/ブラック・イエロー/ブラック・ブルー/ブラック・ホワイト/ブラック
重量:250g
希望小売価格:9,668円(税込)
商品詳細はこちらから。