ジロ・デ・イタリア第15ステージ



今年のジロ・デ・イタリアは天候面で非常に難易度の高いステージが続いている。昨日のステージに続いて雪となった第15ステージのゴールは標高2642mのガリビエ峠頂上から約4km下がった「モニュメント・パンターニ」へと変更された。そのパンターニと誕生日が同じ(1月13日)ジョヴァンニ・ヴィスコンティ選手(モビスター)が降りしきる雪の中、見事ステージを制しました。

ヴィスコンティ選手の使用するタイヤは「CORSA CX」。コンパウンドの改良を果したNEW CORSA CXは見事ヴィスコンティ選手を勝利へと導きました。

今週、ジロ・デ・イタリアは第3週目(最終週)を迎えます。第19ステージには今大会のチーマコッピ(最標高地点)である標高2758mのステルヴィオ峠も控えています。最後まで目を離せない熱いレースが続きます。

Stay tuned!

 

関連記事:
2日連続のスノーマウンテンフィニッシュ ジロに合わせて雪雲がガリビエを覆う (シクロワイアード)