ジュニア・トラック世界選手権大会2012


ジュニア・トラック選手権大会2012が、8月22日~8月26日の日程でニュージーランドで開催されました。 
ヴィットリアジャパンサポートライダーの高士拓也選手(中央大)を含む日本ナショナルチームは、大会初日の4kmチームパシュートで エリートの日本記録(4分18秒486)をも上回る4分16秒248の日本新記録を樹立して5位に。

 


4分16秒248の日本新記録を樹立(鈴木・小林・伊藤・高士) Photo:日本自転車競技連盟

 

また、オムニアムでは高士拓也選手(中央大)が、オムニアムV(スクラッチ10km)で1位を獲得するなど大健闘!総合9位と一桁に入りました。


オムニアムV(スクラッチ10km)で1位獲得の高士拓也選手(中央大)

 

4kmチーム・パーシュート メンバー(4分16秒248日本新記録)

・高士拓也(三重・中央大学)
・伊藤和輝(東京・昭和第一学園高校)
・小林泰正(群馬・高崎工業高校)
・鈴木康平(静岡・星陵高校)

尚、今回の大会で日本ナショナルチームが使用したタイヤは、ヴィットリア PISTA EVO CSⅡです。

 

関連:

ジュニア・トラック世界選手権2012大会レポート(全国高体連自転車専門部)

世界選でジュニア団抜き4分16秒の日本新記録樹立!(シクロワイアード)

財団法人日本自転車競技連盟

ヴィットリアジャパン・サポート選手