NEW SKY3.0 serise


racecomfort

アスチュートサドルは2013年のブランド誕生から4年、デザインと快適性の高さから多くのユーザーに支持されてきました。このたび、ブランド発足時からラインアップされているアスチュートの基本モデルとも言えるSKYシリーズが、新たなパッドとトップカバーデザインにリニューアルされました。更なる進化を遂げたSKYシリーズをご紹介します。

今回新たに採用された『3層密度プログレッシブ・メモリーフォーム』は、前から後ろへとソフト→ミディアム→ハードへと軟らかさがグラデーションの様に変わっていく特殊なパッドです。後部は高密度のパッドにより座骨をしっかりサポートし血流を改善、臀部付近の筋肉や会陰部の痛みを軽減します。

【3層密度プログレッシブ・メモリーフォーム】イメージ図

Presentazione RC - ENG

サドルにより骨盤を安定させムダな消耗を防ぐ

サドルの快適性が増すと、ライダーのコアの動きは最小限で済み、ライディング中に楽に正しい姿勢を保てるようになり、安定性が更に増す。逆に腰の安定が悪いと腰が細かく動き、ライド中の路面の凹凸を吸収するためのエネルギーが必要になる。アスチュートサドルは、高い快適さを実現することで、より骨盤を安定させ、骨盤周りの筋肉の消耗を軽減する。そのためペダリングなどの推進力となる筋肉の動きに集中できる。 アスチュートではボローニャ大学、アマニュエル・サッチン教授と共同研究をし、サドルの快適さが、骨盤の安定性に関係し、エネルギーの消耗を20%近くも抑えることを証明した。

Presentazione RC - ENG

エネルギー消費
45分間のインドアテストでは、競合ブランドのなかでもベストとされるモデルと比べ、骨盤の動きで5~8%もエネルギー消費をセーブできた。さらに180分まで伸ばしたテストでは消費カロリーが20%もセーブされる。

骨盤アスリートの運動エネルギーは、骨盤の3つの運動軸(傾き、回転、バランス)の中心点の動きに強く影響を受ける。このデータから消費されたカロリーを計算し、検証した。
Presentazione RC - ENG実験には数十人のライダーが参加。コアスタビリティを骨盤に付けた9軸センサーと、外部研究所の赤外線による検査機器を使用して調べた。

NEW SKY3.0 シリーズ ラインアップ

 

0SKY30VT0C00237 persp_sSKYCARB 3.0 VT

0SKY30SR0C00238 persp_s

SKYCARB 3.0 SR

0SK30VT0LT0R243 persp_sSKYLITE 3.0 VT

0SK30SR0LTBS241 persp_s
SKYLITE 3.0 SR

0SKY0VT00IP0248 persp_sSKYLITE 3.0 VT  iProf

0SK30VT0LNBS251 persp_sSKYLINE 3.0 VT