What Saddle to Choose

“万人に通じるサドル”に明確な基準はありません。サドルは非常にパーソナルな好みを含むためです。アスリートはその感覚を通じて感じられる確かなフィーリングを求めています。
そのため、初めから特定の特徴を持つ製品を作る方法を明示することは非常に難しいのです。

科学的データに基づき、ラボのテスト結果は各製品の特性をはっきりと示しています。全ての状況に対応できる“パーフェクトな製品”はありません。その代りに、ある状況に最も適した製品を作ることはできます(例えば使用時間、走行ルート、構造、ライディングポジション、姿勢など)。アスチュートは科学的根拠無しに一つだけの選択をアスリートに押し付けることはしません。各製品の特徴を示したうえで、個人それぞれの好みで選んでいただけるように提案します。5つのプロセスを通じて、自分の特徴を評価し、自分に一番合った製品をアスチュートの製品群から選ぶことができます。アスチュートの全ての製品はアスリートそれぞれの身体的特徴と使い方の癖を踏まえて選択することで、パフォーマンスを更に高めることができます。

各種目(ロード、オフロード、タイムトライアル、トラック、トライアスロン)のアスリートの特徴を調査した上でサドルをデザインしているので、サドル毎に想定した主な使用種目でカテゴリー分けをしています。
2つ目のポイントはサドルの幅です。PILARGA(ピラルガ)は、座骨結節(座骨先端部分)の間隔が広いアスリートのためにシェルの幅を1cm広くして作ったモデルです。座骨結節の間隔とサドルの幅の選択については個人それぞれの好みもあり、特定の数値で選択を決めることは無意味です。したがって、レギュラーサイズのモデルとPILARGA(ピラルガ)の違いをテストして選んでいただくことが先決です。
3つ目の判断材料は、フラット形状のサドルかラウンド形状のサドルのどちらにするかです。フラット形状のサドルは様々な使用状況に対応することができ、中・長距離のライドやレースのトレーニングに適しています。ラウンド形状のサドルはよりアグレッシブなアスリート向きで、速いスピードで巡航したり、短・中距離のレースやトレーニングに適しています。
スチュートのモデルは、レール材質の違いでLITE(ライト)とLINE(ライン)があります。カーボンレールのLITE(ライト)と、チタンレールのLINE(ライン)です。
それぞれ想定した使用カテゴリーに適したレール素材を使用しており、モデルによっては両方を用意しています。
モデルを選ぶための参考に、4つの重要な性能評価(コンフォート性、振動吸収性、コア(中心点)の安定性による耐エネルギー消耗性、レース性の度合い)を5つの段階で示しています。
1 2 3 4 5